結婚後の苦労話‐お金がないと正直辛い

独身時代は、実家住まいで食事も洗濯も母任せ。給料の大半は貯金していたので結構お金も貯まっていました。それが結婚して1年後、仕事を辞めた時からお金の苦労が始まりました。新婚当初は賃貸のアパートに住んでいたのですが、このまま家賃を払い続けるよりも家を建てたほうがいいんじゃないかという話になりました。それがちょうど私が仕事を辞めるタイミングと重なってしまい、住宅ローンの開始とともに、収入が減ってしまうという最悪の展開に。

仕事を辞めた理由は2度続けて流産してしまったことです。仕事が原因だったかどうかはわかりませんが、かなり無理をしていたことは確かだったので、夫婦で話し合い、仕事を辞める決心をしたのでした。当然その分収入は減ることになるわけですから、家を建てることに慎重にならざるを得なかったのですが、夫が長男ということもあり、将来的に夫の両親との同居も考えていましたので、経済的に助けてもらえるんじゃないかという打算も正直ありました。結果的にその考えが甘かったわけです。
経済的な支援というものは一切なく、自分たちだけでローンを払わなければならない状態に家計は一気に火の車に…。流産を乗り越えやっと授かった長男を抱え、仕事を再開したくてもなかなかできない現実に、生活は苦しさを増すばかりでした。

そんな中、とうとう生活費にも困るようになり、銀行から借金することになりました。この借金がより一層の生活苦を生む原因となってしまったのです。年金、税金、公共料金などの支払いは一度滞ってしまうと雪だるま式に膨らんでいきます。しかも延滞金もつくので支払額も増えていくばかり。どうすることもできなくなって、最後に夫の両親に頭を下げ、お金を工面してもらうことになってしまいました。
夫の両親に頼ったことで頭が上がらなくなり、今は肩身の狭い思いで毎日を過ごしています。安易に住宅の購入はすべきではなかったと、身の丈に合った生活をすべきだったと後悔するばかりです。