破産手続きのパートナーである弁護士が信用できなくなったら

■残念な弁護士にあたることもある

 
自己破産手続きを行う際、自身に法律の知識がないなどの理由で多くの人が弁護士にその手続きを依頼することになるでしょう。
実際、手続きに必要な資料は非常に多く、また用意が難しいものもあるため個人で進めるには非常に難しい作業となります。

 
それに手続きに時間がかかりますとその分強制差し押さえなどのリスクも高くなっていきます。

 

 

そんな経緯から依頼することになる弁護士ですが、その弁護士の仕事内容に関して苦労した人もいるのではないでしょうか。

 

 

それは進める案件に関しての知識、経験が浅く必要以上に時間がかかってしまう場合、または仕事が遅い、または雑、電話に出ないなど弁護士としての資質以前の問題となる場合もあります。

 

 

弁護士への依頼には決して安くないお金がかかっています、それに自己破産を行う人の場合はその依頼費用さえ捻出が難しい人もいるでしょう。

 
借金をどうにかしようと弁護士を雇ったのにその弁護士と争うことになっては意味がないのです。

 

 

■契約前の対策

 

 

・法テラスでは弁護士は選べない

 
弁護士への依頼費用や相談料など費用面で融通の利く法テラスを利用する方もいるでしょう。

 
法テラスでの弁護士とのやりとりに関しては一つの問題につき無料相談が三回付きます。
相談は1回30分ほどですが基本的に弁護士は選べませんので運の要素が強くなっています。
この無料相談でよさそうな人に出会えたらそのまま依頼してもいいですが、そうでない場合は相談だけする場所と割り切って弁護士事務所を探すといいでしょう。

 

・30分5000円は必要経費として考える

弁護士を依頼するにあたり弁護士を見極める大切な方法が相談です。

 

 

ここで自身の抱える問題からどうしたいのかを要点をまとめて説明しますが、相談を受けてくれる弁護士はそのまま依頼することになる相手ですので注意が必要です。

 

 

判断基準は結局のところ自身が納得できたかどうかに尽きます。

 
依頼者は基本的に分からないことだらけですので、分かりそうにない点を「法律はそういうもの」として流してしまうようではその後もまめに連絡をしてくれない可能性があります。

 

 

これは複数の弁護士と話してみることで良く分かりますので無駄に延長はせずに30分相談を何件かしてみましょう。

 

 

相談については大体費用が1回30分につき5000円から必要となります。

 
少々高いかもしれませんが、もし作業を始めた後に弁護士を変更しようとした場合、着手金は返ってこないことも多く中には迷惑金を要求されてしまうケースもありますので事前の調査代としては安いともいえます。

 

 

また、無料相談を受け付けてくれる事務所も現在では多くありますのでまずはそちらを優先して訪ねてみても良いでしょう。

 

■契約後の対策

 

・法テラス経由の場合

 
法テラスで依頼をして弁護士と契約した場合、一度法テラスに連絡してみることをお勧めします。
その後法テラスから担当弁護士に対して確認の連絡が行き、その結果を教えてくれます。

 
登録弁護士は評判が悪かったり問題が多いと法テラス経由で仕事を依頼されなくなる可能性もありますのでこういった行動は効果があるでしょう。

 

 

それでも態度や問題が改善されない場合は法テラスを通じて解任手続きを行うことになります。
費用の返金については作業進度によります。

 

債務整理

 

・個人で探して依頼した場合

法テラスではなく弁護士事務所などを探し依頼した場合は担当弁護士に対して解任することを伝えます。
そうすると解任手続きに入ります。

 

 

この際、もし全く仕事をしなかったのに解任をごねたり、依頼費用の残金の返金に応じない場合などのトラブルにあってしまう方も多いでしょう。

 

 

 

こういった場合は日本弁護士連合会の紛議調停制度を利用するといいでしょう。

 
これは依頼者と弁護士の間に日弁連が入り解決の道筋を立てる協力をしてくれるものです。

 

 

日本の弁護士はこの日弁連に加入することが義務付けられていますので無視できないため応じるでしょうし、問題が多いと資格を剥奪させられかねません。

 

 

・少しでも気になる場合は日本弁護士連合会へ相談する
日弁連では市民窓口という弁護士に関する相談窓口を設けています。

 
手続きを依頼した後から連絡がない、聞いてもあまり説明してくれない、言ってることが毎回違うなどおかしいと感じたらまずは相談してみることがいいでしょう。