破産手続きのパートナーである弁護士が信用できなくなったら

■残念な弁護士にあたることもある

 
自己破産手続きを行う際、自身に法律の知識がないなどの理由で多くの人が弁護士にその手続きを依頼することになるでしょう。
実際、手続きに必要な資料は非常に多く、また用意が難しいものもあるため個人で進めるには非常に難しい作業となります。

 
それに手続きに時間がかかりますとその分強制差し押さえなどのリスクも高くなっていきます。

 

 

そんな経緯から依頼することになる弁護士ですが、その弁護士の仕事内容に関して苦労した人もいるのではないでしょうか。

 

 

それは進める案件に関しての知識、経験が浅く必要以上に時間がかかってしまう場合、または仕事が遅い、または雑、電話に出ないなど弁護士としての資質以前の問題となる場合もあります。

 

 

弁護士への依頼には決して安くないお金がかかっています、それに自己破産を行う人の場合はその依頼費用さえ捻出が難しい人もいるでしょう。

 
借金をどうにかしようと弁護士を雇ったのにその弁護士と争うことになっては意味がないのです。

 

 

■契約前の対策

 

 

・法テラスでは弁護士は選べない

 
弁護士への依頼費用や相談料など費用面で融通の利く法テラスを利用する方もいるでしょう。

 
法テラスでの弁護士とのやりとりに関しては一つの問題につき無料相談が三回付きます。
相談は1回30分ほどですが基本的に弁護士は選べませんので運の要素が強くなっています。
この無料相談でよさそうな人に出会えたらそのまま依頼してもいいですが、そうでない場合は相談だけする場所と割り切って弁護士事務所を探すといいでしょう。

 

・30分5000円は必要経費として考える

弁護士を依頼するにあたり弁護士を見極める大切な方法が相談です。

 

 

ここで自身の抱える問題からどうしたいのかを要点をまとめて説明しますが、相談を受けてくれる弁護士はそのまま依頼することになる相手ですので注意が必要です。

 

 

判断基準は結局のところ自身が納得できたかどうかに尽きます。

 
依頼者は基本的に分からないことだらけですので、分かりそうにない点を「法律はそういうもの」として流してしまうようではその後もまめに連絡をしてくれない可能性があります。

 

 

これは複数の弁護士と話してみることで良く分かりますので無駄に延長はせずに30分相談を何件かしてみましょう。

 

 

相談については大体費用が1回30分につき5000円から必要となります。

 
少々高いかもしれませんが、もし作業を始めた後に弁護士を変更しようとした場合、着手金は返ってこないことも多く中には迷惑金を要求されてしまうケースもありますので事前の調査代としては安いともいえます。

 

 

また、無料相談を受け付けてくれる事務所も現在では多くありますのでまずはそちらを優先して訪ねてみても良いでしょう。

 

■契約後の対策

 

・法テラス経由の場合

 
法テラスで依頼をして弁護士と契約した場合、一度法テラスに連絡してみることをお勧めします。
その後法テラスから担当弁護士に対して確認の連絡が行き、その結果を教えてくれます。

 
登録弁護士は評判が悪かったり問題が多いと法テラス経由で仕事を依頼されなくなる可能性もありますのでこういった行動は効果があるでしょう。

 

 

それでも態度や問題が改善されない場合は法テラスを通じて解任手続きを行うことになります。
費用の返金については作業進度によります。

 

債務整理

 

・個人で探して依頼した場合

法テラスではなく弁護士事務所などを探し依頼した場合は担当弁護士に対して解任することを伝えます。
そうすると解任手続きに入ります。

 

 

この際、もし全く仕事をしなかったのに解任をごねたり、依頼費用の残金の返金に応じない場合などのトラブルにあってしまう方も多いでしょう。

 

 

 

こういった場合は日本弁護士連合会の紛議調停制度を利用するといいでしょう。

 
これは依頼者と弁護士の間に日弁連が入り解決の道筋を立てる協力をしてくれるものです。

 

 

日本の弁護士はこの日弁連に加入することが義務付けられていますので無視できないため応じるでしょうし、問題が多いと資格を剥奪させられかねません。

 

 

・少しでも気になる場合は日本弁護士連合会へ相談する
日弁連では市民窓口という弁護士に関する相談窓口を設けています。

 
手続きを依頼した後から連絡がない、聞いてもあまり説明してくれない、言ってることが毎回違うなどおかしいと感じたらまずは相談してみることがいいでしょう。

キャッシング初心者へ「キャッシングは利子で購入するお金のお買いもの」

★利息に注目して借入先を選ぶべし

 

・買い物をするなら安い方がいいに決まっている

 

 

タイトルにある通り、キャッシングとは利子を代金として支払って、借入金額を購入するお金の売買です。

 

お金を借りたからと言って、自分の資産としては1円たりとも増えてはいませんし、その借入金額はもちろん、利息も支払わなければならないので、実質的には利息分だけの損をすることになります。まずその点はしっかりと理解をしておきましょう。

 

 

さて、それを理解すればすぐにお分かりになると思います。借入をするのであれば、利息が低い借入先がいいということです。実生活でも同じ性質を持っている商品をお店で購入するのであれば、安い方を選んでそれを購入する方がほとんどだと思います。

 
それをキャッシングに当てはめれば、利息が低い借入先を捜し、それを比較した上で、借入先を選ぶのがベストだと言えます。

 
・利息が低いだけでは借入先は選べない?

 
先ほどと矛盾をしていることを述べているかと思いますが、まずはキャッシングをする相手として、銀行カードローンと消費者金融の二種類があるということはご存知かと思いますが、この二つでは、銀行カードローンの方が金利は低く設定されています。こちらも有名ですね。

 
ですので、先ほど述べた通りに借り入れをするのであれば、誰しもが銀行カードローンを利用することになるでしょう。

 
しかし、この銀行カードローンには大きな壁として、審査の厳しさが挙げられます。キャッシングは、他の買い物とは違って、消費者に対してこの人はお金を貸すに足り得る信用を持っているかどうか、ということを書類などから調べ上げるようなシステムを取っています。

 
そのため、中には銀行カードローンで借入を申し込んでも、お金を借りられないという方がいるのです。

 

 

むしろ、今現在でキャッシングを利用したことがない、と言う方においてはほぼ確実に一度目の銀行カードローンの審査に通過することはありません。それほどに銀行カードローンは審査が厳しいので、金利の安さだけを見て、銀行カードローンに借り入れを申し込もう、というのは間違った判断だと言えます。

 
ですが、その対極にあるのが消費者金融です。消費者金融は審査が比較的緩く、初めてのキャッシングでも、ある程度は滞りなく審査を通過することができます。

 
また、消費者金融は金利が高いと言われていますが、借入金額によっては銀行カードローンと大差がないということが良くあります。

 
ですので、確実にお金を借りたいのであれば、金利の安さに拘らず、時には金利の高い消費者金融を利用するという判断も必要になるのです。

 

 

★借入金額から借入先を選ぶべし

 
・少額融資は消費者金融で

 
先ほども述べた通り、まずは金利の安さで借入先を選ぶべきではありますが、その次に考えなければならないのは、自身の借入金額から借入先を選ぶということです。

 

 

例えば、少額融資の場合、大体10万円以下ならば少額融資と言われますが、これぐらいの金利は消費者金融で平均18%、銀行カードローンで15%とされています。たった3%の違いしかありません。実際に払うことになる金利もほんの数百円の違いしかありません。

 
また、少額融資の場合には、突然お金が必要になったけど、少し足りないからお金を借りよう、というケースが非常に多いです。つまりは、その突然にうまく対応することが最も重要になるはずです。ですので、金利の高さなどに拘っている必要性は殆どありませんし、ましてやその金利の実質的な違いはほんのわずかです。それなら、思い切って消費者金融を利用した方がいいでしょう。もちろん、上述の通り、消費者金融はかなりお金を借りやすいです。

 

・高額融資は銀行カードローンで

 
逆に、銀行カードローンを使う場合には、高額融資の方がお得です。

 

 

高額融資の際には、金利率は比較的小さくなります。それは、金額が大きくなるのであまりにも利息を掛け過ぎると、ほんのひと月でとんでもない金額の借金を背負うこととなってしまうので、それを避けるためです。

 

ここでも、ほんの数パーセントの違いしか消費者金融、銀行カードローン共に生じません。

 

 

しかし、前述のとおり、そのほんの少しの違いでもかなりの金額になりますので、安易に借りやすいから消費者金融を利用してしまうと、思わぬ借金地獄に陥ってしまいかねません。ですので、返済をし易いという観点で、銀行カードローンを利用するのが一番だと言えるでしょう。

 
・最後にそれぞれの消費者金融、銀行同士で比較する

 
また、消費者金融、銀行カードローンのどちらかで借入をするかを決めた後は、銀行、消費者金融の中から、より金利率の低い借入先を探し出すようにするのがいいでしょう。

 
何と言っても、ひとえに同じと言っても、それぞれによって金利率が違うこともあり、場合によっては高額融資でも金利率が銀行カードローンに匹敵する消費者金融があったりすることもあります。

 
これらの情報は、積極的にオープンしている情報ではないこともありますが、大体はネットで情報として仕入れることが可能です。ですので、しっかりと下調べをしておくことをおすすめします。

 

 

★確実に返済をする計画を立てるべし

 
・借入は返済をすることが条件

 
以上のような方法で、しっかりと借入先を選ぶことが重要ですが、それ以上に大事なことはきちんと返済ができるような範囲で借入をすることです。

 
利息が発生し、返済を滞るのは、お店で例えるなら、代金を支払わずに商品だけを持って行くようなものです。当然、契約違反となりますから、ペナルティが課せられます。

 
万引きとは違いますので、より多くの利息が掛けられてしまうというペナルティではありますが、そうなってしまうと、返済はより厳しくなります。

 
ですので、借入をする前には、きちんと返済ができる程度の借入なのかどうか、またちょっと厳しいのであれば、どうすれば返済できるかを考え、節約が必要ならきちんと節約をすること、何か物を売ってお金を作れるのであれば、それを実際に行うこと、などなど計画を立てて、それを実行に移さなくてはいけません。

 
あくまでも、キャッシングはお金のお買いものです。決してお金を無償でくれるわけではありません。絶対にそのことは勘違いせず、返済をするという意思を持ち、具体的な計画を立てた上で、借入をするようにしましょう。

カードローンからお金を借りた後の返済は

●いろいろな返済方法

 
カードローンからお金を借りた後は毎月利息を付けて返済していきます。
この時の返済方法はカードローンによって異なりますがインターネットや提携ATM、口座振替などいろいろあります。

 
▲インターネットによる返済
インターネットはインターネットバンキングを利用して返済するのが一般的となっています。

 
インターネットに接続できるパソコンから24時間いつでも返済できると言うメリットがあります。

 
振込手数料無料と言うカードローンが多く、振込手数料を気にする事無く返済が行えます。

 
その代わりにインターネットバンキングと契約済みである事が必要です。

 

 
24時間返済できるものの、メンテナンス時間は手続きができないために事前に確認しておいて下さい。

 
▲提携ATMによる返済

 
提携ATMは全国の金融機関やコンビニ、ショッピングセンターなどに設置してあります。

 
コンビニやショッピングセンターならお買い物ついでに返済ができると言うメリットがあります。
その代わりに提携ATMは利用手数料が掛かる場合があります。

 
利用手数料は借入と返済ともに1万円以下で108円、1万円超で216円が基本です。

 
1回だけならわずかでも複数回になると利用手数料が多くなってしまいます。

 
高額なお金を借りた後は返済回数も多くなりがちなので、利用手数料には注意が必要です。
中には提携ATM利用手数料無料と言うカードローンもあり、提携ATMからの借入や返済を考えている方は此方がお得です。
自社ATMなら手数料無料と言うカードローンもあります。

 
▲口座振替による返済

 
いろいろな返済方法の中で一番楽なのが口座振替です。

 
口座振替では予め登録してある口座から自動引き落としとなるため、面倒な返済手続きは不要となっています。

 
インターネットやATMだとうっかり返済を忘れてしまいそうと言った方にも便利です。
給与振込口座を登録しておくと残高不足による遅延の防止が行い易いです。

 

 

●カードローンの約定返済日

 
カードローンに返済するタイミングは約定返済日となります。

 
約定返済日はカードローンにより異なりますが、毎月一定なのが基本です。

 
月初から月末まで自由に選べるカードローン、毎月5日15日25日月末などいくつかの返済日から選べるカードローンが多くなっています。

 
返済日より一定日以上前に返済すると、追加返済となり次回の返済日はそのまま変わらないです。
返済日の当日が休業日の場合、翌営業日となりますので注意して下さい。

 
追加返済を行うと完済までが早くなり、利息のお支払い分も減ります。
ボーナスが出た後に一括返済するとお得です。

 
▲カードローンの約定返済額

 
約定返済日にお支払いするのが約定返済額です。

 
約定返済額は最少であり、これ以上なら自由に返済して良いと言うカードローンが一般的となっています。

 
最少の約定返済額はカードローンにより異なりますが、2000円からと言うカードローンもあり今月余裕が無いと言う時でも返済し易いです。

 

 

●残高スライドリボルビング返済方式

 
住宅ローンでは元金均等返済、元利均等返済と言う返済方式が一般的です。
元金均等返済は元金が一定でそれに利息を付けて毎月返済する、元利均等返済は元金と利息を合わせた一定額を毎月返済すると言う違いがあります。

 
カードローンではそれに対して残高スライドリボルビング返済方式が一般的となっています。
この返済方式では残高に応じて毎月最少の約定返済額がスライドしていきます。
残高スライドリボルビング返済方式には
残高スライド元利定額リボルビング方式、残高スライド元利定率リボルビング方式、残高スライド元金定額リボルビング方式、
残高スライド元金定率リボルビング方式と主に4種類あります。

 
この中で特に一般的なのが残高スライド元利定額リボルビング方式です。

 
この返済方式では元金に利息を付けても毎月の返済額が一定となるように調整されています。
そのため毎月幾ら返済に回せば良いのか一目で分かると言うメリットがあります。

 
毎月返済し易いからと追加で借入を繰り返していると、いつまで経っても返済が終わらず延々と利息をお支払いしていくハメになってしまいます。

 
事前に計画を立ててから借入して下さい。

 
▲返済に困ったら

 
カードローンの返済に困ったらすぐにカードローン会社に連絡して下さい。

 
中には柔軟に対処してくれるカードローン会社があります。
返済を滞納し始めて数か月経つと電話で催促が来ます。

 
この時に早めに応じていれば問題ないですが、そのまま何もしないと自宅に督促状が届いてしまいます。

 
督促状が届くと一括返済しないといけないです。
異議申立せずに14日以上過ぎると今度は仮執行宣言付きの督促状が届きます。

 
この督促状が届いてから異議申立せずに14日以上過ぎると、給与差し押さえなどの強制執行ができるようになります。
異議申立を行ってもそれで終了では無く裁判へと流れます。
大ごとになる前に返済の約束はきちんと守って下さい。

クレジットカード=社会的信用!マイナス金利とか

【マイナス金利】

マイナス金利とゆう言葉を最近よく耳にするのではないかと思います。

 
これは日銀による金融緩和政策ですが、これがクレジットカードや各種ローンにも深く関わっています。

 
言わずもがなマイナス金利とは民間金融機関のストック資本に対してマイナスの金利をかけて、持っていたら少しづつ損していきますよ!それが嫌だったら貸しつけて下さいね!

 
といった感じになると思います。

 
事実マイナス金利が実施されてからは、銀行がランニングコストを見直し始めました。おそらくネットバンク利用者の方は身に染みて感じている事と思います。ほとんどのネットバンクは振込無料回数に制限を設けました。

 
そしてここからが本題ですが、銀行や金融会社は貸したくて仕方ない!が本音だと思います。

 
もちろんそれは誰でも良いとゆう事ではないのですが、出来るだけ優良な方に出来るだけ高金利で借り入れて欲しいのがマイナス金利の今の現実ではないでしょうか。

 
何年も前のサラ金のように30%近くの利息を取っていた時代は終わったのですから。

 
総量規制もご存知だと思いますが、その網をくぐり抜けるために、各社は銀行化したと言われています。

 
例えば、アイフル等のキャッシングは総量規制の対象になるため年収の3分の1までしか借りる事が出来ませんが、イオンカード等のキャッシングは総量規制の対象外になる事からもそれはわかると思います。

 

 
もちろん総量規制は現金の借り入れに限定されているため、ショッピング枠は総量規制の対象外です。
ですので、消費者金融のアコムのマスターカードも対象外になりますね。

【借りて下さいの時代】

 

 

大げさかも知れませんが、極論はこうなると思います。これはネット上のどこを見ても皆さん感じている事と思います。
リアルに私の愛用しているポイントサイトでは専業主婦専用カードなるものまで見かけました。

 
発行元は楽天銀行だったのですが、あまりに面白い名前だったので記憶に残っちゃいました。
確かに金利が安かったように記憶していますので、気になる方は検索してみて下さいませ。

 
ポイントサイトで思い出したのが、クレジットカードの審査について少し書いていきたいと思いますが、よく審査には半年空けろとかありますが、私は半年で5~6枚のクレジットカードを作りました。

 
これも私が思うに、結局個人の金融事情はもれなく審査される訳なんで、あまり関係ないのではないかと思います。

 
作って借りて、作って借りてを繰り返していれば借入残高的にまずいだけであって、その人個人を取り合う訳ですから。各金融機関が。

 
金融機関もバカじゃないですから、わかるんですよ借入目当てかポイント目当てかは。

 
つまり何が言いたいかと言えば、とにかく多くの顧客をゲットしたいんです。クレジットカードをいっぱい使って欲しいんです。そして売上を伸ばしたいんです。

 
慈善事業ではないのですから当然になりますが、お買い物を楽しく便利にするためにもクレジットカードは最低一枚は持っておきたいですね。

 
デビッドカードも便利ですよ。万一落とした時に補償されますからね。

 

 

【クレジットカード=信用】

私の同世代にホリエモンがいます。
堀江貴文さんですね。

 
あの方はお金=信用を数値化したもの!と言っています。
これと同じ事で、クレジットカードはお金を借りれるカードですから=信用になるわけです。

 

 
だから無理して借りろなんて事はなく、信用を確かめたいなら作ってみるのが早いんです。
この間他人様のブログかなんか見てたんですが、長年夫婦でau携帯借りててauウォレットクレカ申し込んだら落ちちゃったなんて書いてありました。審査の基準がわからないって書いてましたね。

 
気になって私も調べたんですが、なんか審査が通りにくいみたいですね。その方はスーパーホワイトが原因じゃないかとご自分では分析していました。つまりお金を借りた事が無いって事ですね。

 
ちなみにauウォレットクレカを私は持ってますが、auのスマホを契約した時、キャンペーンを大々的にしていたのが保有出来た原因だと思います。ちなみに全部で10枚位はクレジットカードを所持しています。

 
属性は自営業なのですが、それぐらいは現実作れます。

 
何でもそうですが、困ってから借りるよりも、社会的な信用を作っておくとゆう感覚で、練習してみたらいかがでしょうか?

 
クレジットカード練習ですね。
めちゃめちゃな使い方さへしなければとても便利ですよ。

 
お金の勉強にもなりますし。

 
これからはあくまで想像ですが、金利の安いサービスがどんどん出てくるのではないかと予想して、ぺんを置かせて頂きます。
ありがとうございました。

結婚後の苦労話‐お金がないと正直辛い

独身時代は、実家住まいで食事も洗濯も母任せ。給料の大半は貯金していたので結構お金も貯まっていました。それが結婚して1年後、仕事を辞めた時からお金の苦労が始まりました。新婚当初は賃貸のアパートに住んでいたのですが、このまま家賃を払い続けるよりも家を建てたほうがいいんじゃないかという話になりました。それがちょうど私が仕事を辞めるタイミングと重なってしまい、住宅ローンの開始とともに、収入が減ってしまうという最悪の展開に。

仕事を辞めた理由は2度続けて流産してしまったことです。仕事が原因だったかどうかはわかりませんが、かなり無理をしていたことは確かだったので、夫婦で話し合い、仕事を辞める決心をしたのでした。当然その分収入は減ることになるわけですから、家を建てることに慎重にならざるを得なかったのですが、夫が長男ということもあり、将来的に夫の両親との同居も考えていましたので、経済的に助けてもらえるんじゃないかという打算も正直ありました。結果的にその考えが甘かったわけです。
経済的な支援というものは一切なく、自分たちだけでローンを払わなければならない状態に家計は一気に火の車に…。流産を乗り越えやっと授かった長男を抱え、仕事を再開したくてもなかなかできない現実に、生活は苦しさを増すばかりでした。

そんな中、とうとう生活費にも困るようになり、銀行から借金することになりました。この借金がより一層の生活苦を生む原因となってしまったのです。年金、税金、公共料金などの支払いは一度滞ってしまうと雪だるま式に膨らんでいきます。しかも延滞金もつくので支払額も増えていくばかり。どうすることもできなくなって、最後に夫の両親に頭を下げ、お金を工面してもらうことになってしまいました。
夫の両親に頼ったことで頭が上がらなくなり、今は肩身の狭い思いで毎日を過ごしています。安易に住宅の購入はすべきではなかったと、身の丈に合った生活をすべきだったと後悔するばかりです。